MERS からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

サイエンス

中東呼吸器症候群

ちゅうとうこきゅうきしょうこうぐん

[英] Middle East Respiratory Syndrome(略称MERS

中東呼吸器症候群とは、MERSコロナウイルスMERS-CoV)に感染することで、発熱や肺炎を起こし下痢などの消化器症状を伴う症候群のこと。

2012年9月に初めて報告された。

発生地域

主として中東地域で患者が報告されているが、このほか、ヨーロッパイタリア英国オーストリアオランダギリシャドイツフランストルコ)、アフリカアルジェリアエジプトチュニジア)、アジアフィリピンマレーシア韓国)及び北米大陸アメリカ合衆国)からも患者の報告がある。ただし、これらはすべて、中東地域で感染した人(輸入症例)もしくはその輸入症例患者と接触した人であることがわかっている。

症状

主な症状は、発熱、せき、息切れなど。下痢などの消化器症状を伴う場合もある。MERS感染しても、症状が現われない人や、軽症の人もいるが、特に高齢者糖尿病、慢性肺疾患、免疫不全などの基礎疾患のある人で重症化する傾向がある。

感染源

人がどのようにしてMERS感染するかは、まだ正確には分かっていない。患者から分離されたMERSコロナウイルスと同じウイルスが、中東ヒトコブラクダから分離されていることなどから、ヒトコブラクダMERSウイルス感染源動物の一つであるとされている。その一方で、患者の中には動物との接触歴がない人も多く含まれており、家族間や、医療機関における患者間、患者−医療従事者間など、濃厚接触者間での感染も報告されている。

治療

現在、MERSに対するワクチンや特異的な治療法はなく、患者の症状に応じた治療(対症療法)となる。

*1:これにより、国内でMERSの患者が発生した場合、医師による患者の届出や、患者に対する適切な医療の提供等が、法律に基づいて行われる