中二病の症例

ウェブ

中二病の症例

ちゅうにびょうのしょうれい

いわゆる中二病に該当する症例。診断する人によってバラバラ。

河野紀子?の診断

 河野氏曰く、「具体的に“中二病”が発症(!?)するのは14才から18才ぐらいが多く、その症例は6パターンに分けられる」という。河野氏が分析した、その6パターンの症例とは、下記のようなものだ。

症例1:自分はもう大人だとアピールしたい>

・うまくもないコーヒーを飲み始める。

・洋楽を聴き始める。

プラモデルプロ野球カードなど、これまで自分がコレクションしていた物がものすごく子どもっぽく見えるようになり、急に処分する。

症例2:自分は社会の規制に怯まない強い存在だとアピールしたい>

・林間学校に来てまでタバコを吸う。

・髪の色をスプレーで変えてみる。

症例3:独立心と依存した現実との葛藤>

・自分の家族を友達に見られたくない。

・母親に対して激昂し、「プライバシーを尊重してくれ」。

・母親に「どこに行くの?」と聞かれて、「外」。

症例4:今までの自分に疑問を持ち、これまでと違うことをする>

・クラスメイトとどこか違う感じを出したがる。

・本当の親友探しを始めたりする。

・ちょっとしたウケ狙いのキーホルダーを買いたくなる。

症例5:やればできると思う>

・曲も作れないのに作詞。

ドラクエFFにハマり、ゲームプログラマーを目指すが、考えられることは続編のちょっとしたイベントのストーリーやアイテムだけ。

症例6:他人より物事の本質を分っていると思いたい>

・売れたバンドを「売れる前から知っている」とムキになる。

・「大人は汚い」。

・急にラーメンの美味い、美味くないを言い出す。

 上記の6つの症例のうち、1、2、3は“大人であることの主張”、4、5、6は“自分探し”という心理状態が働いている、と河野氏は分析した。

 つまり、“中二病”の人が好む中二キャラクタとは、「大人であることの主張」をし、「自分探し」をしているようなキャラクタが、ユーザーが共感したり自己投影して憧れることができるキャラクタなのだ、というのが河野氏が出した結論である。

塞神雹夜?の診断

反社会的な行動や不良を演じ、格好いいと思い込んでいる。根は真面目であったり、臆病であったりするので本当の不良にはなりきれない。喧嘩や犯罪行為に対する虚言が多い。「DQN」とは『反社会的な人』や『迷惑な不良系』を表すネットスラング

流行に流されずマイナー路線を好み他人とは違う特別な存在であろうとする。別にサブカルが好きなわけではなく他人と違う趣味の自分は格好いいと思い満足している。

不思議・超自然的な力に憧れ、自分には物の怪に憑かれたことによる発現すると抑えられない隠された力があると思い込み、そのような「凄い力」がある自分を妄想し、悦に入る。また、そういった設定のキャラクター作りをしている。

ネット上で列挙された症例

  1. 洋楽を聞き始める
  2. うまくもないコーヒーを飲み始める
  3. やさぐれる
  4. 眠れない午前2時
  5. 苛立ちがドアを叩く
  6. サラリーマンにだけはなりたくねーよなぁ」
  7. 売れたバンドを「売れる前から知っている」とムキになる。
  8. 因数分解が何の役に立つんだよ」
  9. 「大人は汚い」
  10. 母親が何か言おうとしよう物なら、その声にかぶるように「わかったよ!!」と言って聞かない。
  11. 本当の親友探しを始めたりする。
  12. やればできると思っている。
  13. お母さんに対して激昂して「プライバシーを尊重してくれ」と。
  14. タバコも吸わないのにジッポライターを持つ。
  15. 社会の勉強をある程度して歴史に詳しくなると「アメリカって汚いよな」と急に言い出す。
  16. 行き場の無いエロを筋肉トレーニングに費やす。
  17. 急に洋服のトータルバランスはそのままなのにジェルを使い出す。
  18. 曲も作れねーくせに作詞
  19. プロに対して評価が辛い。
  20. 「僕は僕で誰かじゃない」と言い出す。
  21. 「ジャンプなんてもう卒業じゃん?」って言ってヤングジャンプに軟着陸する。
  22. ポケモンはガキ向け」と言ってモンハンに軟着陸する。
  23. ドラクエファイナルファンタジーにハマり、ゲームプログラマーを目指すが、考えられる事は続編のちょっとしたイベントのストーリーやアイテムだけ。
  24. エロビデオを持っていることに対するすごい自慢。
  25. 環境問題に積極的になり、即絶望。
  26. 急にラーメンの美味い・美味くないを言い出す。
  27. 赤川次郎あたりを読んで自分は読書家だと思い込む。
  28. 官公庁の不祥事・インフラの事故などを一見し「我々の税金で〜〜とはけしからん!」と即断。五輪選手の成績を国費と絡めて叩く傾向もあり。
  29. やたらに低音を強調して音楽を聴く。
  30. 彼女との年齢差は何歳までか熱論になる。
  31. 林間学校に来てまでタバコを吸う。
  32. プラモデルプロ野球カードなどこれまで自分がコレクションしていた物が物凄く子供っぽく見えるようになり、急に処分する。
  33. 風呂場で髪を洗っている時、とりあえずリーゼントになった自分を見てみる
  34. ちょっとしたウケ狙いのキーホルダーを買いたくなる
  35. 自転車の乗り方に無駄なアクションが入る
  36. サングラスを買う
  37. 自分の家族を友達に見られたくない
  38. DoCoMoを無根拠に嫌う
  39. 法律の意味もよく分からないけどとりあえずJASRACを批判しておく
  40. ゴー宣を読んで突然思想家ぶる
  41. ホワイトバンドを3個くらいまとめて腕に着けてみる
  42. 中二病というキーワードが気になって調べる
  43. クラスメイトとどこか違う感じを出したがる
  44. 中二曲に異常な入れ込み感がある