スマートフォン用の表示で見る

中之島線

地理

中之島線

なかのしません

中之島線は、京阪電気鉄道京阪電鉄京阪電車)が運行している大阪市内の鉄道路線

2001年11月7日許可、2008年10月19日開業。

概要

京阪本線天満橋駅から分岐し、中之島の地下を西進する路線。再開発計画が進む中之島西部への新アクセス手段として期待されている。

工事期間は5年半、総事業費は約1503億円。

中之島線開業で、中之島地区の日中人口増加及び様々な経済波及効果が期待されている。

区間

中之島駅天満橋駅間、3km。建設区間は2.9km。

運営

「地下高速鉄道整備事業費補助」の適用の下、償還型上下分離方式により整備され、鉄道路線の建設・保有は中之島高速鉄道が行い(第三種鉄道事業)、京阪電気鉄道は線路使用料を支払って列車を第二種鉄道事業として運行している。

ダイヤは平日が1時間あたり8本、土休日が1時間あたり6本。快速急行が新設され、毎時2本運行される。

加算運賃

2008年10月19日から「中之島駅」または「渡辺橋駅」から他の駅との間を乗車する場合、普通運賃で大人60円の加算運賃が加算される。

駅と接続路線

駅名よみ
“えき”は略
建設時の仮称接続路線
天満橋駅てんまばし-京阪本線直通運転
大阪市営地下鉄谷町線
なにわ橋駅なにわばし新北浜大阪市営地下鉄堺筋線北浜駅
大江橋駅おおえばし(←)大阪市営地下鉄御堂筋線淀屋橋駅
渡辺橋駅わたなべばし(←)大阪市営地下鉄四つ橋線肥後橋駅
徒歩5分:JR東西線北新地駅
中之島駅
大阪国際会議場
なかのしま玉江橋徒歩5分:JR東西線新福島駅
徒歩5分:阪神本線福島駅

定期券などでは、なにわ橋駅・大江橋駅はそれぞれ北浜駅淀屋橋駅と同一駅として扱われる。

利用客数

2009年5月に、2008年10月19日の開業から2009年3月末までの中之島線の利用客数が約400万人であると発表された。これは目標の3〜4割程度の低い数字である。

これについて同社では

  • 中之島の再開発が進んでいないこと
  • 京阪本線からの移行が予想通りに進んでいないこと

の2点を挙げている。

中之島の再開発による人口増そして集客増が課題であり、また計画が再始動した「なにわ筋線」(中之島に駅ができ、接続駅となる。)にも期待しているという。


リスト::鉄道路線