スマートフォン用の表示で見る

中畑清

スポーツ

中畑清

なかはたきよし

中畑清は、日本の元プロ野球選手(内野手)、野球指導者。現横浜DeNAベイスターズ監督。

1954年1月6日生まれ、福島県西白河郡矢吹町出身。

右投げ右打ち、身長185cm、体重90kg。

安積商業高等学校(現・帝京安積高等学校)、駒澤大学卒業。

略歴

春秋連覇を果たした駒澤大学から、1976年にドラフト3位で読売ジャイアンツ入団。

1979年頃から代打の切り札として頭角を現し初め、1980年には高田繁にかわって完全にサードのレギュラーとして定着。しかし1981年に原辰徳が入団すると、自身の怪我などもあって王貞治の抜けたファーストにコンバートされる。1982〜1988年、ゴールデングラブ賞受賞。1989年、現役引退。

1980年代の巨人の看板選手の一人であり、絶好調男として人気を博した。また、日本プロ野球選手会初代会長にも就任。

生涯通算成績は打率.290、本塁打171、打点621、盗塁70。

現役引退後は、解説者や読売ジャイアンツヘッドコーチを経て、アテネオリンピックでは野球日本代表監督代行を務めた。

2012年より横浜DeNAベイスターズの監督を務める。