中尾孝義

スポーツ

中尾孝義

なかおたかよし

プロ野球選手・指導者。

右投右打、ポジションは捕手背番号は9→22→14番

1956年2月16日生まれ。右投右打。捕手。兵庫県出身。

滝川高校から専修大学に進学、2年連続で日米大学野球に出場。

プリンスホテルに進み、1980年都市対抗野球では久慈賞を受賞。

1981年、ドラフト1位で中日ドラゴンズ入団。

1982年木俣達彦から正捕手の座を奪い、リーグ優勝に大きく貢献しMVPを獲得。

強打、強肩、俊足の捕手として、強竜打線を支えた。

しかし、積極的なプレーでホームで接触し故障することも多かった。

1988年、中村武志の台頭により、出場機会が減少し、外野手に転向。

1989年、西本聖との交換トレードで読売ジャイアンツに移籍。

強気のリード力で斎藤雅樹桑田真澄をエースとして一本立ちさせ、カムバック賞を受賞。

1991年以降、村田真一の台頭により出場機会が減少。

1992年、シーズン途中に大久保博元との交換トレードで西武ライオンズに移籍。

1993年、現役引退。

1995年、西武ライオンズバッテリーコーチに就任。

1998年、メルビン・モーラを擁する台湾プロ野球・三商タイガース?のコーチに就任。

1999年、横浜ベイスターズの二軍バッテリーコーチに就任。


2001年、サーパス神戸の監督に就任。


2005年、阪神タイガースの二軍バッテリーコーチに就任。


リスト::野球選手