中尾碩志

スポーツ

中尾碩志

なかおひろし

戦前・戦後のプロ野球選手・コーチ・スカウト。旧名「輝三」。

左投左打、ポジションは投手背番号は18番。

1919年12月1日生まれ。三重県出身

京都商業*1から1939年東京巨人軍(現・読売ジャイアンツ)に入団。

1年目より14勝を挙げ、投手陣の柱となる。

同年11月3日のセネタース戦でノーヒットノーランを達成。

第1期、第2期黄金時代を支えた。

1940年、1941年と2年連続で26勝。1941年7月には2度目のノーヒットノーランを達成した。

戦後、技巧派に転身。

1948年、27勝を上げて見事に復活し、最優秀防御率(1.84)、最多勝沢村賞ベストナイン投手タイトルを独占した。

実働19年間のうち20勝以上3回、二桁勝利を挙げる事11回と、終始安定した活躍ぶりを見せる。

ジャイアンツ生え抜き左腕として最多の209勝を挙げた。

1957年現役引退投手コーチに転じる。

1964年、二軍監督に就任。1974年まで務めた。


スカウトとして在籍中の1977年12月9日、逝去。


1998年、野球殿堂入り。

*1:現在の京都学園高校。