スマートフォン用の表示で見る

中尾彬

映画

中尾彬

なかおあきら

俳優。芸術家。画家。武蔵野美術大学中退。

1942年8月11日生まれ。千葉県木更津市出身。

古舘プロジェクト所属。

睨まれたら思わず泣き出してしまいそうな強面と、太くて渋い声が魅力の超個性派俳優。最近ではバラエティー番組をメインに活動している、芸能界のご意見番の一人である。また、美食家としても有名。

1961年武蔵野美術大学入学した中尾は、油絵を専攻し、画家としての才能を伸ばしていく一方、日活第5期ニューフェイスに合格*1。役者としての才能も見せ付けた。

映画などに脇役で登場していたが、1963年に大学を中退し、絵画の勉強のためパリに留学。帰国後は劇団「民芸」に入団し、翌年の日活映画『月曜日のユカ』で正式にデビューを果たす。

その後は任侠映画ブームに乗り、極道、チンピラなどを演じ、テレビドラマや時代劇では、性格異常者の犯人や、大身の武家、盗賊といった極悪人の役を演じ、その個性で視聴者に強烈なインパクトを与えていった。また、ATGが製作した1975年の映画、『本陣殺人事件』で演じた金田一耕助役は高い評価を得ている。

1978年、当時豊満なバストと強烈な色気でロマンポルノに登場し、男性たちを虜にしていた女優・池波志乃と結婚。共に芸能活動を続け、舞台『必殺仕事人』では、夫婦揃って共演もしており、芸能界きってのおしどり夫婦としても名高い。

芸能活動の傍ら、芸術作品の制作に力を入れ、1983年にはフランス絵画展「ル・サロン」でグランプリを受賞。今現在でも、個展を開くなど、芸術家としても高い評価を得ている。

1990年代後半からはバラエティー番組にも進出。『ダウンタウンDX』に初めてゲスト出演したとき、中尾のふてぶてしい態度と発言に、ダウンタウンのツッコミがよく絡み、スタジオ内は大爆笑。視聴者にも好評を得、それをきっかけに数多くのバラエティー番組に出演するようになる。

特に、親友であり悪友である江守徹との絡みは抜群に面白く、明石家さんまからは「あんたら漫才グランプリ優勝間違いなし」と太鼓判を押されたほどだ。

現在ではバラエティー番組数本のレギュラーの他、日本各地で個展を開いたり、また、俳優としての活動も活発に行っている。平成ゴジラシリーズの常連として有名か。

代表作

  • 映画
  • テレビドラマ
      • 他多数
  • バラエティー
      • 他多数
  • 舞台
      • 他多数

CM

著書

一筆啓上旅の空 (講談社文庫)

一筆啓上旅の空 (講談社文庫)

*1:同期には高橋英樹松原智恵子など。