中野佐資

スポーツ

中野佐資

なかのさとる

80〜90年代のプロ野球阪神タイガースの選手。

左投左打、ポジションは外野手背番号は13→0番。

1963年1月7日生まれ。栃木県出身。

國學院栃木高校から三菱重工横浜に入社。1985年日本代表となる。

1986年、ドラフト2位で阪神タイガースに入団。

1988年、「少年隊」を結成。大野久和田豊と共に活躍。

2番打者として、外野手の定位置を獲得。

1993年、現役引退。

引退後、京セラソーラーFC小山の会社員となる。

また、マスターズリーグ大阪ロマンズの選手としても活躍中。

2005年、ガッツ石松総監督を務める硬式野球クラブチームガッツ全栃木野球クラブ」の監督に就任。