スマートフォン用の表示で見る

中利夫

スポーツ

中利夫

なかとしお

プロ野球選手・指導者・解説者。

左投左打、ポジションは外野手背番号は3番。


1936年4月28日生まれ。群馬県出身。

1年目より一軍に定着、走攻守三拍子揃った外野手1960年代ドラゴンズの核弾頭として、江藤慎一高木守道と共にチームを支えた。

広角打法に加え、類稀な選球眼を持ち、打撃妨害を取られる事がよくあった*1

オールスターなどでは新聞に(中)中(中)*2と表記された。


現在はテレビ愛知野球解説者を務める。

また、名古屋エイティディザーズの選手兼任コーチとして活躍。

2004年、エイティディザーズの監督に就任。

近藤貞雄の後を受け、2004年より2006年まで中日ドラゴンズOB会長を務めた。

2007年、エイティディザーズのコーチに就任。


経歴

年度所属背番号備考
1952〜1954前橋高校--
1955〜1972中日ドラゴンズ3-
1978〜1980中日ドラゴンズ 監督
1984〜1986中日ドラゴンズ 守備走塁コーチ
1987〜1990広島東洋カープ ヘッドコーチ。1988年より二軍監督

グラブ

中は、俊足を生かして守備範囲が非常に広く、卓越した捕球力もあったため、他の外野手より多くの刺殺を奪った。

1963年と1965年には年間350刺殺という外野手セリーグ記録を樹立した。

そんな中と運命のグラブとの出会いは突然だった。1961年阪神から移籍してきた西尾慈高?が持っていたグラブである。

西尾は、アメリカの友人から贈られたグラブを使用していた。中は、西尾にグラブを見せてもらい、試しにそのグラブを手に入れてみた。

すると、驚くほど手にぴったりとくる。中は、西尾に頼み込んでそのグラブをもらい受けた。

その日から西尾のグラブを使い続け、破れてきてもそれを補修して引退まで使い続けた。

グラブを大切にする中を取材したマスコミに対して、「右手を怪我したら変える事ができますか?」と答えた。

そのアメリカグラブによって、中は「グラブが届けば、絶対に落とさない」と評された守備を作り上げたのである。


登録名

通算で4度変えている。

*1:21打撃妨害の通算日本記録を保持。

*2:1番センター、中、中日ドラゴンズ