仲恭天皇

一般

仲恭天皇

ちゅうきょうてんのう

鎌倉時代前期の天皇。(建保六〔1218〕年10月10日〜天福二〔1234〕年五月二十日、在位:承久三〔1221〕年四月二十日〜同年七月九日)

順徳天皇の第一皇子、諱は懐成。母は九条良経の娘立子。

仲恭天皇とは明治3年に諡されたものであり、それ以前は半帝九条廃帝後廃帝などと呼ばれていた。

治天の君である祖父・後鳥羽上皇の指揮で父・順徳天皇承久の乱に加わるため幼くして践祚したが、あっさりと鎌倉幕府に敗れたためにそのせいで半年も経たずに退位、九条家に渡御し、九条家に養育されることとなったために九条廃帝と呼ばれる。しかし即位式すら挙げられなかったため即位は認められず、廃帝どころか半帝と呼ばれた。