仲村正治

社会

仲村正治

なかむらせいじ

1931年9月6日 - )

日本の政治家。自由民主党所属の前衆議院議員(7期)。津島派所属。旭日大綬章を受章。

1969年那覇市議会議員、1976年に沖縄県議会議員となり、沖縄県政界における地位を築く。1983年に第37回衆議院議員総選挙初当選し、1度の落選を挟んで7回当選。1993年6月の宮澤内閣不信任案採決直前に沖縄開発庁政務次官辞任し不信任案に賛成、改革フォーラム21ごと自民党を集団離党する。新生党結成や新進党結党に参加するも、やがて自民党に復党。2005年の総選挙では自民党比例区における73歳定年制の原則を崩し、特例として74歳の仲村を比例名簿上位に登載させ、当選させた。理由として、沖縄選挙区において公明党との選挙区調整とされる。2007年8月、党紀委員長、党人事委員長に就任。国土審議会離島振興対策分科会委員を務め、2009年7月21日の衆議院解散に伴い政界を引退。