著作権等管理事業法

社会

著作権等管理事業法

ちょさくけんとうかんりじぎょうほう

日本の法律

(平成十二年十一月二十九日法律第百三十一号)

著作権著作隣接権を管理する事業を行う団体についての法律。「著作権に関する仲介業務に関する法律仲介業務法/本来の表記はカタカナ)」に替わって2000年(平成12年)11月29日に公布され、2001年(平成13年)10月1日より施行された。

(目的)

第一条
この法律は、著作権及び著作隣接権を管理する事業を行う者について登録制度を実施し、管理委託契約約款及び使用料規程の届出及び公示を義務付ける等その業務の適正な運営を確保するための措置を講ずることにより、著作権及び著作隣接権の管理を委託する者を保護するとともに、著作物、実演、レコード、放送及び有線放送の利用を円滑にし、もって文化の発展に寄与することを目的とする。