一般

著作権

ちょさくけん

相手を恐喝する最強の呪文。

JASRACの過剰請求、RIAAの違法ダウンロードをしたと無実の人への訴訟をふっかけた恐喝、消費者無視の過剰なDRMなど「著作権」の暴走の枚挙にいとまがない。本来著作権法とは「文化の発展が目的(第一条)」とされているのにもかかわらず、悪用して萎縮効果を生んでいる。この状況を放置すれば文化の衰退へと一直線である。

著作権を唱えて訴訟をちらつかせ「和解金を払えば訴訟しないでおこう」と恐喝するのは、誰でもできるお手軽振り込め詐欺の出来上がり。多くの人は法律素人であり、和解金<<<訴訟費用であるからついつい払ってしまう。悪用を防ぐためにも著作権法の改正には慎重でなくてはいけない。

一方、例えばネット上でもめ事が起きているとき、ケンカ相手のウェブサイトで使われている画像なり言葉なりが著作権を侵害しているとみるや、著作権者でも著作者でもないのに人格攻撃のネタとして大々的に振りかざす、なんていう使われ方もままある。

役に立つ面もありはするのだろうが、こんな風に迷惑の種になることが多い代物である。

関連