丁稚

一般

丁稚

でっち

〔「でし(弟子)」の転か〕

(1)職人・商人などの家に奉公する少年。雑役などに従事した。

(2)年少者をいやしめていう語。

「おお、でつくともせぬ―めが/浄瑠璃・出世景清」

三省堂提供「大辞林 第二版」より

関西で主に使用し、関東では「小僧」と呼んだ。