スマートフォン用の表示で見る

張燕

社会

張燕

ちょうえん

中国後漢の人物(生没年不詳)。常山郡真定県の人。子に張方。孫に張融。曾孫に張林?。『三国志』に伝がある。

元々の姓は褚であった。

黄巾の乱に乗じて盗賊団を結成し、各地で略奪を繰り返すうちに軍勢は1万人以上となった。同じく挙兵した博陵の張牛角?の軍団と合流し、張牛角?を首領に押し立てた。張牛角?が致命傷を受けて臨終のときに張燕が後継者として指名された。

張燕は武勇に優れており、飛燕と渾名されるほどであった。首領の座を引き継ぐと活動範囲を広げ、軍勢は10万人規模となり、黒山賊と号した。後漢霊帝張燕らを討伐することができず、被害は河北一帯に広がった。

後に張燕漢王朝に降伏し、平南中郎将に任命されたが、独自勢力を保った。

董卓の手により漢王朝の都が洛陽から長安に移されると、各地の諸侯が義兵を上げ、張燕も各地の豪傑と手を結ぶようになった。

袁紹公孫瓚が争うと公孫瓚に味方して袁紹と戦ったが敗れ、勢力は弱体化した。

曹操袁紹を破って河北に進出すると曹操に降伏し、平南将軍に任命され、後に軍勢を解散して出頭し、列侯に封じられた。

リスト::三国志関連