張儀

一般

張儀

ちょうぎ

?〜紀元前309年

中国戦国時代の遊説家。政治家。魏の人。蘇秦と共に縦横家の代表的な人物とされる。秦の宰相として蘇秦の合従策(戦国七雄の1ヶ国である秦を除いたのこりの6国による同盟)を連衡策(秦が周辺6ヶ国と個別に同盟関係を構築すること)で打ち破り、秦の統一に貢献した。しかし、晩年は張儀とは不仲であった太子が即位し武王となったために魏に逃れ、魏の宰相となった。