スマートフォン用の表示で見る

張楚

一般

張楚

ちょうそ

陳勝が建てた国のこと。

『張』は『長大な』の意を含む。

『楚』は戦国時代の南方の雄で、彼がこの国名を使ったのには彼が楚の出身者であったことのほかに、

彼の助力者である呉広

「私は項燕*1である」

と自称していたことが理由として考えられる。*2

*1:楚の将軍

*2陳勝自身は始皇帝の長子であった扶蘇を名乗り、公的には「項燕が扶蘇を助けている」ことにしていた