スマートフォン用の表示で見る

張翼

社会

張翼

ちょうよく

中国後漢から三国時代の人物(? - 264年?)。犍為郡武陽の人。字(あざな)は伯恭。高祖父に張晧?、曽祖父に張綱?。子に張微、孫に張存。『三国志』に伝がある。

先祖に前漢の元勲である張良がいる。高祖父と曽祖父は後漢に仕え、『後漢書』に伝が立つ事蹟を残した。

張翼は益州劉備(三国の蜀(蜀漢)の創始者)に仕え、劉備とその子の劉禅の時代の初期に各地の地方官を歴任し、231年?には南蛮方面への軍事責任者である庲降都督に上った。そこでの統治が厳格すぎたため、劉冑?の反乱を招き免職となるが、後任の馬忠が赴任してくるまでの引継ぎの職務を立派にこなした点を丞相?諸葛亮に評価され、以後も蜀漢で要職を占めて長く活躍した。

諸葛亮の死後、姜維の北伐に従軍したが、作戦の面で対立することが多かった。263年?、魏(曹魏)の鍾会の軍が侵攻してくると、廖化、董厥?と共に迎撃のために出撃し、姜維とも合流して要害の剣閣?に籠って鍾会の軍を防いだが、迂回してきたトウ艾(鄧艾?)の強襲軍に成都を落とされてしまい、降伏を余儀なくされた。

264年?鍾会姜維は反乱を画策してして殺害されたが、そのときに張翼も巻き添えとなった。

リスト::三国志関連