スマートフォン用の表示で見る

張梁

社会

張梁

ちょうりょう

中国後漢の人物(? -184年?)。太平道の教祖の張角の弟。

光和7年(184年)、張角が挙兵して(黄巾の乱)、天公将軍を称すると、張梁は兄の張宝と並んでそれぞれが地公将軍、人公将軍と称した。

張角の病死後、広宗の黄巾軍の本隊を率いて抵抗を続けたが、光和7年冬10月に追討に来た官軍皇甫嵩に敗れて捕虜となった。

三国志演義』にも登場する。

リスト::三国志関連