張曼成

社会

張曼成

ちょうまんせい

張曼成(ちょうまんせい、生年不詳〜184年)黄巾賊の武将。

184年3月、南陽に攻め入り、太守の褚貢を攻め滅ぼす。 宛を根拠地として数万の兵を率い、「神上使」と自称した。

同年6月、潁川方面の黄巾軍彭脱が討たれたのと同じ月に後任の南陽太守秦頡に討たれる。