スマートフォン用の表示で見る

朝岡実嶺

一般

朝岡実嶺

あさおかみれい

女優、元AV女優

1991年にAVデビュー。「女優になりたい」という、非常にベタな希望を持ってAV産業に飛び込んだ女性は数多くいたが、実際に映画やドラマに出演した彼女は、その女性達の中でも最も大きな成功例であろう。

AV女優時代は、グラビアやビデオ撮影の現場で、恥ずかしくて泣いてしまう事が多く、「泣き虫実嶺」の異名を持つ。現役大学生の頃にAVに出た為、彼女が所属するテニスサークルでは、彼女見たさにテニスコートに男達が群がった。


AVでは白石ひとみ同様に擬似本番で、山本竜二の「は、はいったでぇ〜」という合図と共に喘ぎだす、というモロバレ擬似演技だったが、顔が美しいのでレンタルビデオの回転率は高く、飯島愛浅倉舞白石ひとみなどと共に1990年代前半のAV黄金期を支えた。


芸能界参入当初は、「高校教師」でのヌードモデル役などで登場。

その後ゴールデンタイムの民放ドラマ「未成年」で反町の恋人役で共演するなど、重要な役どころを演ずる女優にまで上り詰めた。


現在40歳前後の男性ならば、高確率で知っている名前である。

プロフィール

生年月日:1970年4月18日

出身地:埼玉県出身

血液型:O型

身長:153cm

スリーサイズ:B80 W56 H82

出演

テレビドラマ

映画