スマートフォン用の表示で見る

朝顔

動植物

朝顔

あさがお

Ipomoea nil

アサガオ、morning glory

ヒルガオ科 イポメア属


真夏の早朝、赤・白・桃・紫など色とりどりの花が美しく咲き乱れ、すがすがしい気持ちにさせてくれる、蔓性の植物。

奈良平安時代中国から薬草として伝来したとされている。名前の由来は「朝の顔」ではなく、「朝の容花(かおばな)」から。「容花」とは「美しい花」という意味である。

なお、この植物の種は「牽牛子(けんごし)」と言い、漢方薬に用いられるが、毒もあるので素人が扱うのは危険である。

夏休みの観察対象としての朝顔

日本の小学生(主に低学年)が夏休みに観察する教材として選ばれることが多い。

アサガオは、初めて植物を育てる子どもでも育てやすく、毎日水さえあげれば大きくなっていく植物なんですね。また、学校へ着いた朝にちょうど咲いているので、登校するときの楽しみにもなるんです」

小学1年生がアサガオを育てるのはなぜ? - Excite Bit コネタ(1/2)
あさがお

あさがお

大人が楽しむアサガオBOOK

大人が楽しむアサガオBOOK

関連リンク

目次
  • 朝顔とは
    • 夏休みの観察対象としての朝顔
    • 関連リンク