朝鮮朝顔

動植物

朝鮮朝顔

ちょうせんあさがお

チョウセンアサガオ(ナス科 チョウセンアサガオ属)一年草

学名Datura metel Linn

原産:インド

別名:曼陀羅華、ダチュラキチガイナスビ、ハリナスビ

毒部分:全草、種子、根、葉、花、株

毒成分:スコポラミン、アトロピン、ヒヨスチアミンアルカロイド

症状:せん妄幻聴頭痛、めまい、意識喪失、呼吸停止、興奮、錯乱、炎症

花期:夏

朝鮮朝顔について

朝鮮朝顔には、大きく別けて2種類のタイプが存在する。

一つはチョウセンアサガオ、シロバナヨウシュチョウセンアサガオアメリカチョウセンアサガオなどのように、花が上向きに咲き、果実に太い刺があるという特徴を持つ、一年草のチョウセンアサガオ節。

一般にこの種をDaturaダチュラ)と呼ぶ。

もう一つは多年草あるいは低木で、花が垂れ下がって咲き、果実に刺のない特徴を持つ、多年草キダチチョウセンアサガオ節。(キダチチョウセンアサガオは、漢字で『木立朝鮮朝顔』である。)

こちらの種をBrugmansia(ブルグマンシア)としている。

花の形がトランペットに似ていることから、「エンジェルス・トランペット」という名前で広く流通。しかし厳密に言えば、キダチチョウセンアサガオの英名を指す言葉らしい。

そしてこの朝鮮朝顔。原産地はその種により様々である。

ヨウシュチョウセンアサガオについては熱帯アメリカ原産、そしてシロバナヨウシュチョウセンアサガオカスピ海地方……。

さらに、一般に朝鮮朝顔と呼ばれている種は、インド原産なのである。

ではなぜ名前が『朝鮮朝顔』なのか?

17世紀の江戸時代天保年間に渡来した時に、『一度朝鮮を経由した。そしてその容姿が朝顔と非常に酷似していた。』

以下の理由によってその名が日本に広まったという訳である。

ちなみに別名の『曼陀羅華(まんだらげ)』というのは、法華経の『曼陀沙華・摩訶曼陀沙華・曼陀羅華・摩訶曼陀羅華』より出てきている言葉から。曼陀沙華とは彼岸花の事である。