町田顕 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

社会

町田顯

まちだあきら

第15代最高裁判所長官

1936年(昭和11年)10月16日、生まれ。 2015年(平成27年)4月5日、死去。

略歴

昭和34年 東京大学法学部卒業

  同年 司法修習生

  36年 判事補任官

      その後,東京地・家裁札幌地・家裁室蘭

      支部,最高裁民事局で勤務

  46年 札幌地・家裁判事

  48年 最高裁経理局主計課長

  50年 同局総務課長

  52年 内閣法制局参事官

  58年 東京地裁判事部総括

  59年 最高裁秘書課長兼広報課長

  61年 最高裁経理局長

平成 3年 甲府地・家裁所長

   5年 千葉地裁所長

   6年 東京高裁判事部総括

  10年 福岡高裁長官

  11年 東京高裁長官

平成12年3月22日 最高裁判事

平成14年11月6日 最高裁長官

平成18年10月15日 退官。後任は島田仁郎