腸捻転ネット

テレビ

腸捻転ネット

ちょうねんてんねっと

腸捻転ネットとは、毎日新聞社系の毎日放送(MBS)が、朝日新聞社系の日本教育テレビ(NET/現:テレビ朝日)とネットを組み、朝日新聞社系の朝日放送(ABC)が、毎日新聞社系の東京放送(現:TBS)とネットを組んでいた状態のこと。昭和50(1975)年に解消された。

腸捻転になった経緯と解消

昭和31(1956)年、朝日新聞社毎日新聞社朝日放送(ABC)・新日本放送(NJB/現:毎日放送)の合弁で大阪テレビ(OTV)が設立。このOTVラジオ東京(KRT/現:TBS)とネットを締結。これが、のちの『腸捻転』に繋がっていく。

昭和33(1958)年、毎日放送(MBS)*1OTVの経営から離脱、自社製作によるテレビ放送を開始する。KRTとのネットワークを目論むも、KRT側から拒絶され、日本教育テレビ(NET/現:テレビ朝日)とネットを締結。

昭和34(1959)年、ABCOTV吸収合併、引き続きKRTとネットし続けた。また、ニュースネットワークも、KRTをキー局とするJNNに加盟する。

昭和44(1969)年、MBS東京12チャンネル(現:テレビ東京)ともネット締結。NETのみだった全国放送枠の一部を、東京12チャンネルに切り替えた事により、NETとの関係が悪化する。

昭和45(1970)年、MBSが、NETをキー局とするニュースネットワークANNに加盟する。

昭和50(1975)年、MBSがNET及び東京12チャンネルとのネットを解消、TBS*2とネット締結。ABCTBSとのネット解消、NETとネット締結。これによって腸捻転ネットが解消された。なお、MBSから打ち切られた東京12チャンネルネットワークは、京都放送サンテレビを経てテレビ大阪が引き継いだ。

*1:この年、新日本放送から商号変更。

*21960年ラジオ東京から商号変更。