スマートフォン用の表示で見る

超解像

一般

超解像

ちょうかいぞう

解像度の低いデジタル画像から高解像度の画像を生成する技術の総称のこと。



映像機器におけるアップコンバート技術の一つで、よりクオリティーの高い映像を実現したものを指す。ただし、正確な定義があるわけではなく、「よく知られたアップコンバート処理ではなく、別のアプローチを採った技術」という、比較的あいまいな定義と考えてよい。現在、「超解像」という名称の技術を採用した製品を市場に投入しているのは東芝のみだが、他の企業でも、詳細は異なるものの、同じ「超解像」の名称で技術開発が行われている。2008年9月に発表された東芝液晶テレビREGZA」を嚆矢として注目を集めはじめた。2009年8月現在、東芝NEC三菱電機などが、それぞれ「超解像」を搭載した製品を発表している。