超感覚的知覚

一般

超感覚的知覚

ちょうかんかくてきちかく

オカルト用語。いわゆる超能力の一種で、五感や論理的な類推などの手段を用いずに、外界に関する情報を得る能力を指す。