スマートフォン用の表示で見る

超芸術

アート

超芸術

ちょうげいじゅつ

赤瀬川原平が提唱した概念で、制作する者は芸術とは考えずに作ったにもかかわらず、発見する者が芸術として認定するような人工物。

トマソン超芸術の一分野である。