超然主義

一般

超然主義

ちょうぜんしゅち

超然(平然)として独自の立場を貫く主義や思想のこと。狭義では、日本の明治時代帝国議会開設時から大正時代初期頃までにおいて、藩閥や官僚から成る政府が採った立場を指し、政府議会政党の意思に制約されず行動すべきという主張であるとされる。