スマートフォン用の表示で見る

超二流

スポーツ

超二流

ちょうにりゅう

プロ野球監督、三原脩の采配、もしくは采配により開花した選手の総称。

三原自身が命名。

二流と呼ばれた選手を積極的に使う事により、活性化を目的とした。

特に、大洋ホエールズ監督時代に関して呼ばれる。

歴史

1940年代の読売ジャイアンツ監督時代において、一軍選手と二軍選手の差別化を図り

多くの選手の反発を招き、球団を去ることを余儀なくされた。

1950年代西鉄ライオンズでは差別化をせず多くの選手を開花させ、黄金時代を形成。

三原魔術」と呼ばれた。

1960年大洋ホエールズの監督に就任すると、

若手やトレード選手など多くの「二流」と呼ばれた選手を発掘し起用、史上初のリーグ優勝日本一を達成した。

その後も各球団において発揮。