スマートフォン用の表示で見る

超分子

サイエンス

超分子

ちょうぶんし

分子間の弱い相互作用を利用して、特定の構造、機能を持つ分子の集合体のこと。

1987年にC.J.Pedersen, D.J.Cram,J.M.Lehnらが超分子の基本的概念の一つである「分子同士の会合による分子認識」という課題でノーベル賞化学賞を受賞してから広く知れ渡るようになった言葉。超分子で有名なところではクラウンエーテルシクロデキストリン、デンドリマーなどがある。