超臨界流体

サイエンス

超臨界流体

ちょうりんかいりゅうたい

Supercritical fluid.

臨界点以上の温度・圧力条件にある物質の状態のこと。

気体の拡散性(どこにでも忍び込む性質)と液体の溶解性(ものを溶かす性質)という両性質を併せ持っている。

超臨海流体では、気相や液相とは異なるような化学反応がしばしば起こるため、研究の対象となっている。

特に、水や二酸化炭素に高温・高圧をかけて超臨海流体状態にすることで、溶解しにくい金属を溶かしたり、人体に有害な化学物質を無害化するような反応を引き起こし制御できるのではないかとの期待が大きい。