スマートフォン用の表示で見る

長岡輝子

アート

長岡輝子

ながおかてるこ

演出家、女優。

明治41年(1908年)、盛岡市生まれ。

平成22年(2010年)10月18日、死去。102歳だった。

東洋英和女学校をへて渡仏。帰国後の昭和6年、演出家の金杉惇郎と劇団テアトル・コメディを結成。翌年、金杉と結婚。

金杉の死後、文学座に入り、演出家・女優として活躍。昭和19年、実業家の篠原玄と再婚。

戦後は舞台、映画、テレビに幅広く出演。

昭和39年、ウェスカー「大麦入りのチキンスープ」で芸術祭文部大臣賞。

昭和45年、デュレンマット「メオテール」で紀伊國屋演劇賞を受賞。

昭和46年文学座退座後は「長岡輝子の会」をはじめ、多彩な活動をつづける。

勲四等瑞宝章NHK放送文化賞を受ける。

詩集の復刻など、多彩な活動を続ける。宮沢賢治の童話と詩を岩手の方言で読む朗読会を続け、平成15年菊池寛賞を受賞。

主な著書

ふたりの夫からの贈りもの

ふたりの夫からの贈りもの

amazon:長岡輝子