ヤンマースタジアム長居 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

スポーツ

長居陸上競技場

ながいりくじょうきょうぎじょう

大阪府大阪市東住吉区長居公園内にある陸上競技場命名権導入以前の通称は「大阪長居スタジアム」。

1964年開場。1997年第52回国民体育大会(なみはや国体)の主競技場とするため、1992年から1996年にかけて全面改修工事が実施され、現在のスタジアムとなった。

大阪市が所有する施設で、指定管理者として長居公園スポーツみどり振興グループが運営管理を行っている。

日本陸上競技連盟第1種公認、国際陸上競技連盟(IAAF)クラス1公認。観客収容人数は47,816人。

補助競技場として長居第2陸上競技場がある。


Jリーグに加盟するセレッソ大阪のホームスタジアムで、2002年FIFAワールドカップでは日本VSチュニジア戦など3試合が行われた。

2010年8月以降は、隣接する長居球技場キンチョウスタジアム)もホームスタジアムの一つとして利用している。大阪ダービーなど大勢の観客が見込める試合は、長居陸上競技場を利用する方向。


2007年には世界陸上競技選手権大会が開催された。

毎年1月に行われる大阪国際女子マラソンの発着点でもある。

1997年〜2010年には、毎年5月に「国際グランプリ陸上」が開催されていた。

ラグビーテストマッチ近鉄花園ラグビー場ではなく大抵ここで行われる。

スポーツ競技以外での利用

2009年以降、a-nationが開催されるなど音楽イベントが積極的に開催されるように。

Mr.ChildrenEXILEGLAYなど日本アーティストのツアーにも使われている。

施設命名権

セレッソ大阪を運営する大阪サッカークラブ大阪市が共同で、2013年11月から2014年1月にかけて、長居陸上競技場長居第2陸上競技場ネーミングライツパートナーを公募。その結果、ヤンマー株式会社2014年3月1日から5年間、契約料年間1億円で、施設命名権(ネーミングライツ)を取得した。命名権導入後の愛称は、長居陸上競技場が「ヤンマースタジアム長居」、長居第2陸上競技場が「ヤンマーフィールド長居」となる。

アクセス