スマートフォン用の表示で見る

長崎街道

地理

長崎街道

ながさきかいどう

江戸時代に整備された脇街道の1つ。始点は豊前国小倉(現在の福岡県北九州市小倉北区)の常盤橋肥前国長崎(現在の長崎県長崎市)に至る街道である。長さは57里(約223.8キロメートル)。途中に25の宿場が置かれた。江戸時代鎖国政策の中で唯一、外国との交易があった長崎に至る街道であったため、大変重要な街道であった。オランダ人や中国人江戸参府や交易品の運搬などが行われた。