長崎慶一

スポーツ

長崎慶一

ながさきけいいち

80年代のプロ野球選手。現・荒川区議会議員

旧名「長崎啓二(1981年〜1987年)」。

通称、「和製ミッキー・マントル」。

左投左打、ポジションは外野手背番号は23→7→3番。

1950年5月13日生まれ。大阪府出身。

北陽高校で注目され、1968年ドラフト8位で阪神タイガースに指名されるも、母親の反対で入団拒否。

1969年法政大学に入学。1972年には2期連続首位打者を獲得。

1973年ドラフト1位で大洋ホエールズに入団。ホエールズ打線の中軸として活躍。1978年にはサイクルヒット達成。

1982年田尾安志との激しいタイトル争いを制し、.351で首位打者に輝く。

1985年、球団との軋轢が原因で、池内豊との交換トレードで阪神に移籍。

横浜大洋ホエールズのファンに非難を浴びた。

勝負強い左の代打としてセ・リーグ優勝に貢献、日本シリーズでも活躍。


1987年現役引退

1993年阪神タイガースの打撃コーチに就任。1995年、退団。


東京新橋で和風炭火焼肉「長崎」を開業。

2000年、日本代表の打撃コーチに就任。シドニーオリンピックを戦った。

2001年、高校野球の指導者を目指し、教員免許修得のため東洋大学二部に通学。

2003年、荒川区議会議員選挙に立候補し、当選。


2006年、アマチュアの指導者の資格を得る。

マスターズリーグ札幌アンビシャスの選手としても活躍中。



長崎慶一のオレが阪神の監督だ! (Be a star library)