スマートフォン用の表示で見る

長崎県営バス

地理

長崎県営バス

ながさきけんえいばす

長崎県の組織である長崎県交通局が運行するバスの名前。

なお、都道府県レベルで交通局が存在するのは、東京都長崎県だけである。

運行地域は、長崎市中心部・北部・東部、西彼杵郡長与町(一部)、諫早市大村市である。

かつては島原半島にも路線網があったが、2000年代に順次撤退。現在は長崎雲仙間の特急バスを除き島原半島への乗り入れはなくなった。

また、諫早地区・大村地区の路線網は、2009年4月より、県交通局の全額出資会社である長崎県央バスへと委託された。

一般路線バス全車と、長崎佐世保線など一部高速バスでは共通IC乗車券長崎スマートカード」(「モバイル長崎スマートカード」含む)が利用できる。