国見高校 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

一般

長崎県立国見高等学校

ながさきけんりつくにみこうとうがっこう

長崎県雲仙市国見町にある公立の高等学校

1949年8月19日設立。設置学科は普通科のみ。

小嶺忠敏監督(後に総監督)が率いたサッカー部は、高校サッカーの名門として全国的に有名。全国高等学校サッカー選手権大会に21年連続出場の大会史上最多連続出場記録を持ち、戦後最多タイの6回の優勝を誇る。全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会でも5回、高円宮杯全日本ユースサッカー選手権(U-18)大会でも2回の優勝を果たしている。小嶺総監督の退任後は低迷、高校選手権の連続出場記録も途絶えた。

高木琢也小島光顕永井秀樹永井篤志路木龍次三浦淳宏船越優蔵都築龍太小森田友明大久保嘉人松橋章太徳重健太徳永悠平巻佑樹松橋優渡邉大剛柴崎晃誠平山相太中村北斗兵藤慎剛関憲太郎渡邉千真城後寿藤田優人白谷建人山村和也ら数多くのプロサッカー選手を輩出した。