長曽我部元親 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

社会

長宗我部元親

ちょうそかべもとちか

16世紀に四国統一を果たした戦国武将。(1539〜1599年)

従五位上宮内少輔、室は明智光秀の宿老斉藤利三?の妹、父は長宗我部国親?

永禄11年(1568年)本山氏を滅ぼす。

永禄12年(1569年)安芸氏を滅ぼす。

天正2年(1574年)津野氏を攻め、三男親忠を継がせる。また一条氏の当主一条兼定を追放して土佐をほぼ制圧する。

天正3年(1575年)大友氏の援助を得て旧領回復を図った一条兼定を渡川の戦いで破る。

天正6年(1578年)次男親和を西讃岐香川家に継がせる。

天正10年(1582年)十河存保を中富川に破り、阿波を制圧する。

天正13年(1585年)秀吉四国征伐令に下る。

天正14年(1586年)嫡男の信親を戸次川の戦いにより失う。家督継承問題で甥吉良親実?らに死を命じ、四男の長宗我部盛親家督譲位する。

天正18年(1590年)秀吉小田原攻めに参加し、下田城を落城させる。

文禄元年(1592年)文禄の役に従軍。

慶長2年(1597年)慶長の役に従軍。

晩年衰え、家督を巡って混乱したことが長宗我部家滅亡の遠因となる。

元親ゆかりの神社に、高知市若宮八幡宮がある。この神社で元親が初陣の勝利を祈ったことから、毎年5月下旬に「初陣祭り」が行われている。