長沼三徳

一般

長沼三徳

ながぬまさんとく

加治田衆で、代々家老として三代(佐藤忠能斎藤利治斎藤利堯)へ仕えた。三徳斎、三徳入道。子に長沼藤治兵衛彩雲

生涯

家老として重きをなし、各合戦に参加した。特に、加治田・兼山合戦では、東の小山に三徳櫓を築城し、堅固な櫓を築き、森長可を中心とした森軍が全軍で攻めてきたが、防ぎ切り、攻城戦で勝利する。

斎藤利堯の動向後、加治田衆は分裂して、領土は森氏が糾合した。三徳は森氏に任官をせず、古参の西村治郎兵衛と共に、斎藤利治の遺児である斎藤義興斎藤市郎左衛門斎藤徳元とも言われる)と正室正室院を西の村の絹丸にて保護し、養育する。

その後、治郎兵衛に後を託され、遺児を元服するまで養育。織田家の領土となった後、織田秀信に仕えさせた。

関ヶ原の戦い岐阜城の戦い)で秀信から招きがあると喜び、老齢ながら経帷子、経頭巾、経羽織、猿の毛皮に覆輪をとり着、白葦毛の乗って入城する。

斎藤義興斎藤市郎左衛門と共に七曲の戦いに参戦し、二人の盾となり討死した。

逸話

森可成は、長沼藤治兵衛を大のお気に入りで碧松院の婿養子として再三頼み込んだが、三徳は断り続けた。織田信長が三徳に使者を遣わして、坂井政尚の息子である坂井久蔵を森家に縁付けさせたい旨を述べたことが理由の一つにある。

織田秀信から大戦の招きがあった時、、「死地を与えられたことは武人の本懐」と喜んだ。

斎藤利治の遺児と正室を保護と養育し、旧知の友である治郎兵衛との約束を守り、80過ぎで関ヶ原の戦いの大戦に参加し、最後まで義興と市郎左衛門と一緒に戦い見届けた。