長谷川きよし

音楽

長谷川きよし

はせがわきよし

盲目の歌手。1949年東京生まれ。2歳の時失明。筑波大学付属盲学校卒業。

1969年に『別れのサンバ』で鮮烈なデビューを飾って以来30年以上。当時から定評があった比類なきギター・テクニックと歌唱力は更に磨きがかかり、観衆を惹きつけている。

早くからシャンソン、サンバ、ラテンジャズ、ロックなどあらゆるジャンルの音楽を取り入れ独特のスタイルを確立した、ワールド・ミュージックというジャンルの先駆者。

他にデビュー以来、渡辺貞夫日野皓正をはじめ、アルゼンチンのグラシェラ・スサーナ、ウニャ・ラモスブラジルのエリゼッチ・カルドーゾ、ビーア、フランスピエール・バルーシモーヌラングロワ、加藤登紀子柳家小三治永六輔など幅広いジャンルのアーティストとの共演多数。

ソロ活動では、全国の小さなライヴハウスにも出演、歌とギターのシンプルで奥深い音楽世界を追求し、ファンを魅了し続けている。

昨年、椎名林檎がカヴァーした『灰色の瞳』は、加藤登紀子とのデュオで1974年に大ヒットした楽曲である。

他に代表曲として、『黒の舟唄』『卒業』『鳩笛』(NHKみんなの歌)など。