スマートフォン用の表示で見る

長谷川健太

スポーツ

長谷川健太

はせがわけんた

サッカー選手、サッカー指導者。愛称は「ケンタ」。

1965年9月25日生まれ。静岡県清水市(現・静岡市)出身。

現役時代のポジションは主にフォワード清水東高時代は大榎克己堀池巧と共に「清水東三羽烏」として名を馳せ、高校選手権優勝を成し遂げる。Jリーグ発足と共に日産自動車から清水エスパルスに移籍、再び清水に集結した「三羽烏」のプレーは地元のサッカーファンを喜ばせた。サッカー日本代表選手としては「ドーハの悲劇」を経験している。Jリーグでは207試合出場、45得点。国際Aマッチは27試合出場、4得点。

現役引退後はサッカー解説者を務めながら浜松大学富士常葉大学総監督に就任。浜松大学では事実上の監督として指揮を執り、東海大学サッカーリーグ1部昇格、リーグ優勝総理大臣杯出場、天皇杯出場と手腕を発揮した。

2004年3月にJFA公認S級コーチライセンスを取得。

2005年シーズンから古巣清水エスパルスの監督。低迷していたクラブをリーグ上位へと押し上げたが、タイトル獲得には至らず、2010年シーズンを最後に監督を退任した。後任監督はアフシン・ゴトビ

2013年、Jリーグ ディビジョン2に降格したガンバ大阪の監督に就任。

選手歴

-1980
清水FC(入江小、清水一中)
1981-1983
静岡県立清水東高等学校
1984-1987
筑波大学
1988-1991
日産自動車サッカー部
1991-1999
清水エスパルス

主な成績

指導歴

2000-2004
浜松大学富士常葉大学総監督S級ライセンス取得後は浜松大監督)
2005-2010
清水エスパルス監督
2013-
ガンバ大阪監督

主な成績(浜松大)

余談

ちびまる子ちゃん』に登場したサッカー少年「ケンタくん」は長谷川健太をモデルにしたキャラクターである。作者のさくらももこ長谷川健太は小学校時代の同級生だった。