スマートフォン用の表示で見る

長谷川時雨

読書

長谷川時雨

はせがわしぐれ

1879-1941 劇作家小説家東京生まれ。本名、ヤス。三上於菟吉の妻。妹に画家の長谷川春子

数々の戯曲を執筆し、多く歌舞伎俳優により上演された。

また雑誌「女人芸術」を創刊し、多くの女性文学者を育てた。

代表作に、戯曲「操」(のち「さくら吹雪」と改題)、評伝「近代美人伝」、回顧録「旧聞日本橋」など。