長谷川和男

サイエンス

長谷川和男

はせがわかずお

1929年 - )

日本の医学者、精神科医認知症介護研究・研修東京センター名誉センター長、聖マリアンナ医科大学名誉教授。専門は老年精神医学認知症

愛知県生まれ。1953年東京慈恵会医科大学卒業、米国・聖エリザベス病院等で精神医学脳波学専攻。60年「性犯罪者の精神医学的研究」で慈恵会医大医学博士。69年慈恵会医大助教授。73年聖マリアンナ医科大学教授。96年同学長、2000年定年、名誉教授、同理事長、2005年高齢者痴呆介護研究・研修東京センター長、09年退職。05年瑞宝中綬章受章。「長谷川式認知症スケール(HDS-R)」を作成したことでも知られる。