スマートフォン用の表示で見る

長池徳士

スポーツ

長池徳士

ながいけあつし

プロ野球選手(外野手指名打者)・指導者・解説者。

1944年2月21日生まれ。徳島県鳴門市出身。右投右打。旧名「長池徳二」。通称「ミスターブレーブス」。

現役時代は2年目の1967年より一軍に定着。左肩にアゴを乗せ、腕を大きく後ろに引いて大きくスタンスをとる独特のフォームから本塁打を量産。1969年打率.316、41本塁打、101打点で本塁打王打点王の2冠に輝き、野村克也の9年連続本塁打王を阻止、MVPを受賞。1971年には打率.317、40本塁打で2度目のMVPを受賞。同年、当時日本新記録となる32試合連続安打を記録するなど*11960年代から1970年代を代表する強打者として活躍した。1975年より指名打者となり1978年以降は代打の切り札として出場。

1979年に現役引退後は指導者に転身。現在は福岡放送RFラジオ日本ラジオ関西野球解説者、スポーツニッポン評論家を務める。

また、マスターズリーグ大阪ロマンズの選手としても活躍。日本プロ野球界屈指の名打撃コーチとして知られる。

経歴

年度所属背番号備考
1959-1961撫養高校*2-甲子園出場あり
1962-1965法政大学-
1966-1982阪急ブレーブス3*31965年第1次ドラフト1位。80年より打撃コーチ就任
1985西武ライオンズ?打撃コーチ
1987-1988南海ホークス?打撃コーチ
1993-1995横浜ベイスターズ?ヘッドコーチ兼打撃コーチ
1997-1998千葉ロッテマリーンズ?ヘッドコーチ兼打撃コーチ

個人タイトル

*11979年高橋慶彦が33試合連続安打で記録更新。現在もパ・リーグ記録として現在も残っている。

*2:現在の鳴門第一高校。

*3:一時期、ブレーブス準永久欠番となっていた。