スマートフォン用の表示で見る

長田忠致

社会

長田忠致

おさだただむね

?〜建久元年(1190年)?

日本の平安時代末期の武将。

桓武平氏の末流の出身とされている。尾張国野間を本拠地としていた。平治の乱に敗れて東下する源義朝を一旦匿いながら殺害した人物として知られている。「平治物語」よれば源頼朝の挙兵に参加したが、平家追討後に処刑されたとされている。