スマートフォン用の表示で見る

長徳の変

社会

長徳の変

ちょうとくのへん

日本の平安時代にあった政変の1つ。藤原道隆の死後、996年頃に藤原道長が内覧の宣旨を得た後に起きた。道隆の一族、中関白家が排斥される結果となった。