スマートフォン用の表示で見る

長野宇平治

一般

長野宇平治

ながのうへいじ

1867-1937

建築家明治26年帝国大学工科大学造家学科卒業。横浜税関嘱託をへて奈良県嘱託となり、奈良県庁舎および県会議事堂を設計(明治28竣工)。和唱洋髄と称する、和風意匠をはじめて試みた日本人建築家とされている。数多くの銀行建築をてがけたが、代表作の大倉精神研究所(昭和7)は、単なる古典主義ではない破綻的な意匠を含んでいて要注目。神奈川県大倉山の上で一般開放されている。