長野主膳

一般

長野主膳

ながのしゅぜん

1815年10月16日〜文久2(1862)年8月27日。幕末近江彦根藩士国学者井伊直弼について出世。井伊の安政の大獄を指揮。ペリー来航以来、揺らぎ始めた幕府の権威。薩長両藩の国事周旋を契機に尊攘激派の勢力が伸張。九条家の島田左近が暗殺、公武合体岩倉具視らが失脚。井伊直弼が断行した安政の大獄の反動で投獄・斬罪。辞世の句;「飛鳥川きのふの淵はけふの瀬と かはるならひを我身にそ見る」。横井小楠大目付;岡部長常(駿河守)に幕政改革を説いた日であった。

持論「国是七条」;

(1).将軍上洛と失政の陳謝

(2).参勤交代廃止(術職へ)

(3).諸大名の妻子の帰国

(4).外様譜代に拘らない人材登用

(5).言路洞開と「公共」の政治

(6).海軍振興と強兵

(7).相対交易から官交易

に基づき。