スマートフォン用の表示で見る

長澤芦雪

アート

長澤芦雪

ながさわろせつ

長澤蘆雪

宝暦4年(1754)〜寛政11年(1799)

丹波の国篠山藩士、上杉彦右衛門の子として生まれ、長澤氏を継ぐ。

名は政勝、魚。字は氷計、引裾。号は于緝など。

京に出て円山応挙の弟子となり、

天明6年(1786)からは、応挙の代理として南紀無量寺、草堂寺、成就寺の障壁画を製作。

寛政2年の新造内裏や同7年の大乗寺など、数々の障壁画を製作した。